あのFateシリーズがスマホゲームになった「Fate/Grand Order」

PC向けノベルゲームとして始まって今や一大シリーズとなったFateシリーズですが、2015年からその一角に加わったスマホゲームがこの「Fate/Grand Order(FGO)」。このゲームを既にご存じの方も多いと思いますが、私は去年の暮れから始めてハマっています。


スポンサーリンク

概要

ゲームの内容を簡単にまとめると、ストーリーに乗って戦闘をしてステージを進めていくというのが本筋で、他にキャラクターの育成と結びついたキャラクターごとのサブストーリーがあったりもします。あとは、頻繁になにかしらのイベントをやっているので、ストーリーをクリアしてしまってもなにがしかのやることは用意されるという感じ。

日本語Wikiは検索すると大量に出てきますので、いろいろと見てみて自分にとって使い勝手のいいところを見るようにするのがよろしいでしょう。ただ、よほどの効率追求プレイでないかぎり、そもそもWikiは見ないほうが楽しめるんじゃないかなーと個人的には思います。

ちょっとだけ詳しく

ゲームとしてはほとんどが戦闘ですが、その肝心の戦闘はこんな感じ。

自分のサーヴァント(戦闘に参加するキャラクター)5体+サポートサーヴァント(ほかのプレイヤーから借りてきたり、ストーリー上のメインキャラクターで戦闘に参加してくれるサーヴァント)1名の計6体でパーティを組み、そのうち3体までが一度に戦闘に参加します。一度に3体は敵も同じ。

戦闘はターン制で、まずプレイヤー側が右下の「Attack」ボタンをタップして表示されている5枚の攻撃カードから3枚選択して攻撃を行い、次に敵が行動してターンが終了します。

詳しくはゲーム最初のチュートリアルで説明されますが、おおまかにはこんなところ。

召喚

この手のスマホゲーによくあるガチャはFGOにも搭載されており、サーヴァントや概念礼装(サーヴァントにつける装備のようなものでHPや攻撃力が上昇するほか、特殊能力がつく)の召喚という形をとっています。

サーヴァントや概念礼装にはレア度が設定されており、レア度の低いものはフレンドポイント(サポートサーヴァントを起用するときなどにもらえる)、高いものは聖晶石(ステージクリアや課金などで入手できる)での召喚で入手します。強力だったり人気があったりするキャラクターは高いレア度が設定されており、そうそう引くことができません……。

キャラクターの育成

しかしながら、私のように無課金プレイヤーでもたまには引きのいいときがあるようで、正月にやっていたピックアップ召喚(普段は入手できないサーヴァントを引ける、イベント時などに行われる特殊な召喚)で一発でイシュタル(レア度は最高の星5)を引くことができました。

私はイシュタルの元になっている遠坂凛というFateシリーズ第1作のヒロインの一人がとても好きなので、最優先で育てています。

……というふうに、FGOは気に入ったキャラクターを育成するという面が非常に大きく、また魅力的なキャラクターも多いので、「ストーリーは終わったけどキャラを育てたいのでやっている」というプレイヤーも相当数いるのではないかなという印象です。

なにが面白いのか?

スマホゲー全般にも言えることと思いますが、画面も小さいですし、マシンスペックの制約もあるので、どうしても扱える内容としてはPCゲームよりも小粒になりますし、想定しているプレイヤーは「空き時間に暇つぶしとしてプレイする」というのがスマホゲーの基本的な対象プレイヤー層だと思いますので、PCゲームと比べるとどうしてもシステムの複雑さやできることには大幅な制限があるようです。

実際、FGOはスマホゲーとしては人気上位のゲームのはずですが、ゲームシステムとしてはさほど複雑なものではありません。戦ってアイテムを得てキャラを育ててまた戦って……というのを繰り返すだけです。かといって、スマホで例えばパラドゲーのような複雑なゲームをプレイできるかというとそれも無理があるので、デバイスに合ったゲーム規模なのでしょう。

そのため、FGOはゲームシステムとしての面白さではPCやPS4などのゲームハードでプレイするゲームにはどうしても及ばないと私は感じますが、上記のストーリーや「キャラゲー」としての面白さのほか、「みんながやっているから面白い」というタイプの面白さがあるように思います。

今はSNS、特にツイッターでFGOをプレイしている人を簡単に見つけることができますし、そこで「こんなサーヴァントを引いた!」とスクリーンショット付きでツイートしていたり、プロ・アマチュア問わずイラストレーターや漫画家などがFGOの漫画やイラストを描いていたり、またツイッターで相互フォローの人とフレンドになってサーヴァントを借りつつゲームを進めたりというのを見ることができます。

ゲームそのものだけでなく、それに付随するファンの活動や関わりもまとめて楽しいというのが、これだけ人気が出たFGOの面白さの源泉なのではないかなという気がしています。


というわけで、当サイト初のスマホゲームのご紹介ですが、いかがでしょうか。

私は去年の暮れに始めて今現在は第4章の最後のボスで詰まっているところ。既に一度ストーリーは完結し、現在は第2部の前哨戦として1.5部をプレイできるイベントが開催中です(第1部をクリアしていないと参加できませんが……)。

さらに17年中にはアニメも放送されるとのこと。今から楽しみにしたいところです。