「Stellaris」開発日記#53――みんなどこに?

stellaris-dd20161117

パラド社発の宇宙4Xゲーム「Stellaris」の開発日記#53が更新されていましたので、その内容をご紹介。今回はなにについてかよくわかりません。さらに短め。

前回:開発日記#52――新たなアチーブメント


スポンサーリンク

概要

開発日記#53は、なにについてかよくわかりません。今日は「Stellaris」プロジェクトリードのZoft氏によるもの。

  • 今朝はほぼ全員がオフィスにこれなかったようで、事実上からっぽだ。残されたのは私とGoosecreature(注:「Stellaris」コンテンツデザイナー)のみ。彼は私の1時間後にやってきたが、彼も様子がおかしい。彼のからっぽの目は深淵を凝視しており、彼の魂を奪い取ってずたずたに切り裂いたなにかを見つめているかのようだ。
  • 私の家探しは不成功に終わり、みんな跡形もなく消えてしまったかのようだ。私は遅かれ早かれコーヒーを飲み尽くしてしまうということに気づいた。私には時間が必要だ……助けが来るに違いない……私は上席者だし、Goosecreatureが自己犠牲をしてまで水を飲むことにこだわるべきではないだろう? それとも、私は彼を「黄色い老犬」にする必要があるのか? いや、ひとりにはなれない……。人類にとって明らかに、そして絶対に必要なのは仲間だ。宇宙の広大さの中にも、空の空虚の中にも、孤独という敵がいる。それは星々の中で待ち、無限に長い年月を耐え、永久に待ち続けている……。

マルタに行く社員旅行があるのをRikard(注:Zoft氏のこと)に言うの「忘れてた」みたい。

というわけで、パラド社の大部分のスタッフはマルタ島に行っていたようです。なにをやっていたかというと……

Paradox Conferenceというイベントがあったとのこと。


次回:開発日記#54

『「Stellaris」開発日記#53――みんなどこに?』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/11/19(土) 03:16:03 ID:1368a6deb

    カワイソス(´・ω・)

    マジで忘れたのか外国人流のジョークなのかわかりかねますなw